一気に暑くなる日が増えて、梅雨の終りを感じるようになってきました。

夏になると、どうしても気になってくるのが汗染みと汗臭ですよね。
特に、自分の臭いは気づきにくいので、他人から指摘されてショックをうけてしまうなんていうこともあるんじゃないでしょうか。

今回は「汗をかく人・かかない人」、「臭う人・臭わない人」の違いや、
汗質の改善方法と一緒に、簡単で効果的なデオドラントケアを紹介していきたいと思います。

 

女性も気になる汗臭

現代は、女性でも汗臭に悩む時代です。
というのも、生活スタイルが昔とは変わったせいで、汗の質が悪くなっているんです。

ベタベタして汗臭いと、自分も不快ですし周りの人がどう思っているかも気になります。
汗臭は、周りに相談しにくいこともあり、独りで悩んでいる人も多いデリケートな問題です。

 

臭い汗と臭わない汗

汗とは本来体温調節をするためのもので、99%以上が水分なので臭いもしません。

では何故臭くなってしまうのかというと、汗腺の濾過機能が衰えてしまっているからです。
エアコン漬けの生活や運動不足などのせいで、汗をかく機会が減ってしまい、汗腺の濾過機能が衰えてしまうと、
水分だけでなくミネラルまで汗として排出されるので、汗がベタベタするのです。

べたついた汗は濃度が濃く、大粒になるので蒸発に時間が掛かります。
そして、皮膚の常在菌とミネラルが結びつくことで悪臭を発するようになるのです。

 

体質改善とデオドラントケア


こまめに汗を拭いてあげるだけでも、べたついた汗が皮膚にいる時間を減らせるので汗臭対策になりますが、
どうしても臭いは出てきてしまいます。

根本的に改善するためには運動不足の解消や半身浴などで汗腺を鍛えてあげることが必要です。
熱中症に気を付けながらエアコンの設定温度を上げたり、手足高温浴をしてみるのも良いでしょう。

また、肉やジャンクフード中心の食生活でも汗臭がキツくなることがあります。
生活習慣を見直して、健康的な生活を送ることで汗臭を改善してみましょう。

汗臭改善にはどうしても時間がかかってしまいますし、忙しい人は中々習慣改善まで手が回らないと思います。
そんな時には上手にデオドラントケア商品を活用して、夏を快適に過ごしましょう。

 

スイス発祥AHCセンシティブが凄い!!


スイス発祥の『AHCセンシティブ』は、汗をぴたっと止めてくれる話題の制汗剤です。
テレビや女性ファッション誌などでも大きく取り上げられ、人気沸騰中です。

ハーブの力でお肌に優しいのに、強力なのでリピート率が94%もあるんです!
この高いリピート率が本物の証!

 

「AHC」が今だけ☆お試し価格!
・夜寝る前に数日間塗るだけで、1週間も汗と臭いを抑えてくれる今までにない驚きの制汗剤
・少量で効果が持続し、朝の忙しい時に使わなくていいから楽
・1本で、脇汗、ワキガ対策はもちろん、その他いろいろな場所に使えます!
(足汗、足の臭い、手汗、首汗、顔汗、お尻の汗、胸の汗など。。)

check!サラサラがずっと続く驚きの【AHCセンシティブ】

 

凄さの秘密は主成分『塩化アルミニウム』

AHCセンシティブは、有効成分の作用で一時的に発汗を抑制するデオドラント製品です。
他のデオドラント製品と比べて、パワフルな理由はAHCの主成分にあります。

主成分の塩化アルミニウムには、汗管の細胞を閉塞させる作用があり、皮膚科での多汗症治療にも使用されています。
日本皮膚科学会でも、多汗症治療には塩化アルミニウムの使用が推奨されていて、とても高い有効性があるとされています。

 

AHCセンシティブの効果的な使い方

AHCセンシティブは、市販のデオドラント製品とは違い、スプレー式でありません。
キャップを開けると化粧水のように少しずつ出すことができるので、コットンに少量を含ませて使います。

汗が気になる患部に10~30回程度軽く叩いて染み込ませます。
使い方も化粧水と似ていますね。
寝る前に塗るだけで、1週間ほどサラサラが続くので、脇だけなら1本で6ヶ月も使えてしまう優れものです。

コスパが良くて、週1のケアでサラサラ臭い知らずは嬉しいですね!

 

異常な汗は病気のサインかも・・・


汗の量が異常だったり、汗のかき方が普段と違うような場合は、病気のサインかもしれません。
糖尿病やバセドウ病なども、汗に異常が出てくる病気のひとつです。

糖尿病の場合は、神経障害を併発してしまうことが多く、末梢神経や自律神経が正常に働くことができないため、
全身や一部位に大量の汗をかくようになります。
バセドウ病は、病気の影響で甲状腺ホルモンが過剰分泌されるので、汗が多くなります。

また、女性の場合更年期障害なども考えられます。
汗を抑制する働きのある女性ホルモンの急な減少に伴い、「ホットフラッシュ」と言われる急な大量発汗が起こることがあります。

『汗が多い』のは、夏に多く見られる悩みのひとつではありますが、日常生活を脅かすほどの発汗があるようなときには、
早めに専門医を受診するようにしましょう。

 

まとめ

汗臭さいと、他人との距離を気にしすぎてしまったり、何をするのも心から楽しむことができなかったりして、とっても悩ましいですよね。

少しずつ食生活や発汗習慣などの日常生活をしながら、AHCセンシティブで簡単デオドラントケアを続けていけば、
忙しくても汗や臭いを気にせず暑い夏を乗り切れちゃいます。

皆さんも、AHCセンシティブで汗臭とサヨナラをしてみてはいかがですか?

おすすめの記事